プロフィール

2020年3月16日

スポンサーリンク

簡単な自己紹介

新宿歌舞伎町の交差点の画像

はじめまして落ちこぼれ社長と申します。

なぜ、落ちこぼれ社長と名乗っているかと言うと、とある地方都市で会社を経営してますが、社長と言うのはおこがましいレベルの会社で給料も普通の会社員くらい。

 

現在、経営者としての実力もメンタルも持ち合わせていないため、落ちこぼれ社長と名乗っています。

しかし、女性や恋愛、男女関係においては誰にも負けないと自負しています。

 

19年間スカウトマンをしていましたので、長年、培ったノウハウや経験でモテなく、苦しんでる男性に自分の知識が少しでも役にたてばと思いこのサイトを作りました。

 

過去の経歴

女性をスカウトしてるイラスト画像

新宿歌舞伎町スカウトマン19年選手とこのサイトの題名と冒頭で載せていますが、厳密に言うと新宿歌舞伎町でのスカウトマン歴は13年で、残りの6年は上京前の地方都市でスカウトをしていました。

題名の文字数的に大変なことになるので、歌舞伎町スカウト19年選手にしました。

 

とある地方都市でスカウトをしていたんですが、当時、地方都市にスカウトマンをやりたくてもスカウトを専門とする団体や会社はなく、個人で知り合いのお店に入店させたりお店に所属して専属スカウトとして活動に励んでいました。

 

狭い地方都市で声をかけ続けたために路上において私のことを知らない女はいないってくらいになり、それとともに地方都市スカウトマンとしては限界を感じていました。

その後、東京でスカウトをして自分の実力を試してみたいという気持ちになり上京。

 

スカウトをするなら歌舞伎町だろってことで、当時新宿でも1、2を争う大きな会社(会社登記してなかったのでサークル)に入りスカウトをしました。

 

根っからの女好きな私は、四六時中路上に立ち当時70人ほどいた会社の売り上げトップを維持し続け、幹部になることはそう難しいことではありませんでした。

 

そうなると、次に考えるのは独立で、当時歌舞伎町でスカウトが独立するの不可能に近くもちろん大揉め。

本当に漫画のような世界だったので、そこらへんはご想像にお任せします。

 

揉めに揉めてなんとか独立して、その後はスカウト条例などの規制が厳しくなりスカウト業を辞めました。

まあ、どれくらい頑張ってスカウトに励んだかと言うと、都内のスカウト界で私の名前はみんな知ってるってレベルです。

 

結局、スカウト会社としては小さな会社のでしたが、あくまでプレイヤーとして頑張り続けました。

収入もスカウトとしてはトップレベルだったと思います。

 

まとめ

ただのイキがりプロフィールみたいになってしまいましたが、このサイトの信頼性として自分のスカウトマンだった頃の経歴を載せました。

 

「スカウトは入店させるだけだから恋愛なんて関係ないでしょ?」と思うかもしれませんが、尋常じゃない数の女性との駆け引きを19年やってきました。

 

普通の人間の何十倍もの女性と会ってますし、恋愛もしてきたのでこのサイトの信頼性は保証できます。

社長としては落ちこぼれな私ですが、唯一得意としている分野をモテない男性の多くに役立てて欲しいと思いこのサイトを作りました。

 

質問などはお問い合わせページよりお願いします。

 

Posted by daisukoman4